-小型水槽における海水魚飼育-
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

底面噴き出し 試作2号機

2009-08-05 Wed 22:50
底面噴き出しをもう1つ試してみました

次は「VP13の塩ビパーツ」と
「エーハイムのフレキシブル排水口(4004600)」と
「Rio 180付属品のダックビルノズル」で。
(元ネタが分からなくなってしまいましたがどこかのサイトでこの構成を見ました。
 あと、このダックビルノズルはRio 50~800で同じサイズのもののようです。)
底面噴き出し
矢印のところがゆるゆるなので、
シールテープをグルグル。

はめ込んで出来上がり。
底面噴き出し

水槽に入れてみる。
底面噴き出し
底砂5cmでちょうどよい感じ。
見た目もすっきりしてて、名前の通りフレキシブルに
角度調節ができるのでなかなかよいですな

あともう1つ試したいのがあるので、
それを確認してから使うのを決めたいと思います。


魚のいない水槽ではちっこいやつらが増えてます
ガラス側面

巻き貝は水槽内で繁殖したのか、ライブサンドにくっついていたのか
小さい個体がいっぱいいたらしく、成長してきて目に付くようになりました。
(赤○が親っぽいやつ)

オレンジ○はコペポーダでいいのかな??
ガラス面にワラワラ見えます。

水色○はヒラムシです。
60cm水槽のときからいてライブロックにくっついて入ったみたい。
きっと大繁殖しちゃいますね

ではまたね~
スポンサーサイト
別窓 | 底面噴き出し | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

| やすすアクアリウム日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。