-小型水槽における海水魚飼育-
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

海藻の大量白化について

2006-06-26 Mon 23:55
 今日は過去に2度経験した海藻の大量白化について載せておきます。今日の写真はすべて過去の写真で、いまの水槽の状況ではないのでご心配なく

 ある朝、起きたら水槽が白濁しちゃってて焦りましたね はじめ理解できずに目をゴシゴシして、目のせいにしてましたね
海藻水槽の白濁
 海藻が大量に溶けるとこんな感じになります。この白濁は水槽の右奥にあるスズカケヅタが溶けたのが原因です。

 右奥のスズカケヅタ。
海藻の白化
 全部溶けちゃってます・・・。この白化でスズカケヅタは水槽から姿を消してしまいました 残念。

 これが元気なときのスズカケヅタの写真。
スズカケヅタ
 
 スズカケヅタの白化は、ヒラムシ駆除のために淡水に浸けたことが原因だったと思われます。急激な水質の変化には弱いようです。気をつけましょ~。

 でも1枚目の水槽の白濁はまだましなほう。さらに大量に海藻が溶けちゃうと水の色が白色ではなく、緑白色になっちゃいます 写真見つかりませんでした・・・。

 あと魚への影響ですが、私が経験した2度の海藻大量白化では、すぐに水量の半分を水換えすることで問題はなかったですね。白濁した水も時間が経つと透明になってました。
 これは、朝に水槽の白濁に気が付いて、すぐに水換えをする余裕があったことがポイントですね。朝気が付いて、夜まで水換えができない状況だったらどうなっていたでしょうね・・・。魚にも影響が出てたかも。あとは魚の種類によっても影響は違うでしょうね。水槽が白濁しても問題なかったのは当時飼っていたハタタテハゼ、キンギョハナダイ。デリケートな魚の場合はどうだろか・・・。


 ヘライワヅタの「表面のトゲトゲ = 明日溶けちゃいますよ宣言」についても書こうと思ったのですが・・・、また後日
スポンサーサイト
別窓 | 海藻 | コメント:9 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

| やすすアクアリウム日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。