-小型水槽における海水魚飼育-
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

「海藻を育てるコツ」について

2006-06-02 Fri 22:30
  たらふくさんより「海藻を育てるコツ」について質問がありましたので、ミソの詰まってない頭で考えてみました。その結果は・・・よく分からないということです さすがにそれだけでは何の解決にもなっていないので、いくつか考えられることを挙げてみました。
 ちなみにうちの水槽で育っている海藻はヘライワヅタ、ウミブドウ、紅藻(レッドフェザー??)です。ヨレヅタもいたはずですが、最近確認していないのでよく分かりません。

水槽写真

 まず、1つ目に「光」ですが、光の強弱はあまり関係なさそうです。見ての通りうちの水槽の光は合計18W(テトラML-13WとML-5W)で貧弱です・・・ 光が強くなればツタが太くなるようで、光が弱いとヒョロヒョロな海藻になります。ただヒョロヒョロな海藻でも着実に成長するので「光が強くないと飼えない」、ということはなさそうです。まあ光が18Wの海水魚水槽なんてなかなかないと思うので(以前は13Wでした・・・)、「光が弱くても海藻は飼える」といって問題ないでしょう。「光が強すぎたらダメ」なんてこともあるかもしれませんが、メタハラなんて経験したこともないので分かりませんね~。

 次に「水質」ですが、うちの水槽は特別なことは何もしてません。適度に水換えをしているだけで、添加剤、CO2の添加も行っていないので「これが必要!」ってものが分かりません
 分からないなりに、まず考えられるのは海藻の成長に必要な「硝酸塩やリン酸塩が多少なりとも必要」ということでしょう。うちの水槽の場合は、魚にエサをあげることでこれらの栄養塩が添加、発生しているというということなんでしょう。プロテインスキマーがんがんで硝酸塩がほとんどでない水槽では海藻を飼うのは難しいのかな~と、ふと思いました(もちろん未確認)。海藻の種類にもよるでしょうけどね~。
 あと、やはり水換えは必要だと思います。海藻が枯れるときは水槽をほったらかしたときが多かったので、「なんらかの微量元素が足りなくなると枯れる」ような気がします。

 いま考えられることはこのくらいですね~。結局分からないことが多いですね。上記のことも「我が家の水槽では」っていう条件付きなので、同じような条件の水槽でも海藻が枯れるってことも十分にある気がします。水道水に含まれる成分の違いとか。あっ、そういえば「水道水の成分」で思い出しましたが、以前住んでいたアパートは井戸水で、いまは一般的な上水なんで私の経験上ではどっちでも問題なくいけるということになりますね。

 いや~、ズラズラと書いてしまいましたが、何かの参考になれば幸いです こういうことをホームページのコラムに書けばいいかな~。まあぼちぼちやっていきたいと思います。またリクエストがあれば、カラカラの頭を働かせて考えたいと思います
スポンサーサイト
別窓 | 海藻 | コメント:5 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

| やすすアクアリウム日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。